人事制度

rec_title

当社の人事制度は、各社員が自分にあった職群で成長できる「複線型人事制度」を運用しています。将来、技術者としてスペシャリストに向かう道、マネージメントを行なう管理職に向かう道など人にはそれぞれの目指す道があると思います。
複線型人事制度は、能力と経験にあわせ、まず自らが将来何を目指すのかを上司と十分に面接して職群(総合職・一般職・スペシャリスト・管理者等)を決めていく制度です。
経験者の方も目指す道をしっかりと考えていくことができる制度になります。
当社は、能力・成果主義の人事制度として、目標管理制度、能力考課制度、自己申告制度等を取り入れ、制度運用についても考課者訓練や制度説明会、考課後のフィードバックの実施等を行っています。考課(評価)においては、単に点数をつけるのではなくひとり一人の社員がいかに成長できるか、いかにキャリアアップできるかを見出す「育成の為の考課(評価)」と考えています。

教育研修制度

豊富な知識と能力を持ち即戦力として活躍している方も業界や企業が変われば、また新しい業務知識や新技術を身に付けることも必要とされてきます。
当社では、「技術の前に人がある」のスローガンのもと、技術「テクニカル」、人「マインド(人間力)」の両面から、教育サポートを行なっています。
テクニカル教育では、トップ教育・ミドル教育・エントリー教育の3段階に分け、それぞれの能力、階層、役割、に応じた教育研修等を準備しています。
また、マインド(人間力)教育では、経営者研修・管理者研修・次期管理者研修・中堅者研修等の階層別研修のほか、期中採用者研修・テーマ別研修・キャリアアップ通信教育等の教育研修を準備しています。

資格取得報奨金制度

情報処理サービス企業としてトータルソリューションを提供する役割の当社ではお客様に対し、ひとり一人の社員が技術力やスキル・能力等を持ち、誰からも認められる資格を保持しなければなりません。
社員個人の資格保持支援の一環として当社は、資格取得褒賞金制度を導入しています。経験者の方も現資格以上により一層、自身のスキル・能力を向上してもらいたいと思っています。
資格褒賞金制度は、情報処理資格は勿論のこと、それ以外の公的資格も支援するようにしています。
情報処理資格に関しては、ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、情報セキュリティスペシャリスト~システム監査技術者、ITストラテジストに至る資格。
情報処理以外に関しては、英語検定、TOEIC、日商簿記、社会保険労務士、中小企業診断士、衛生管理者、行政書士等の一般公的資格も褒賞金制度に取り入れています。